〈NHK〉2020応援ソングに、新曲「パプリカ」を書き下ろし

NHKが始動する、2020年とその先の未来に向かって頑張っている全ての人を応援するプロジェクト、「〈NHK〉2020応援ソング」に、米津玄師が、作詞・作曲、プロデュースをした「パプリカ」を書き下ろしさせて頂きました。

歌うのは、「Foorin」という、オーディションで選ばれた5人の小学生による新しいユニットです。

今後、NHKでは「パプリカ」を紹介する番組やイベントを予定しており、Foorinが歌う「パプリカ」を8月~9月のNHK「みんなのうた」で放送するなど、より多くの人にこのプロジェクトに参加してもらえるよう展開していきます。

また、このプロジェクトは「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会」に「東京2020公認プログラム」として認証されました。

http://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=15209&f=prtw

米津玄師コメント
子どものころを思い返すことがここ最近の音楽活動に於おいて、重要なテーマになっていたところに、ダイレクトに子どもへ向けた音楽を作ることになりました。子どもたちが素直に楽しめるものを作るためには、子どもの目線で生活を省みつつ、まず子どもを舐めないところから始めるべきだと思いました。この曲を聴いた子どもたちが、小さな世界を元気に生きていく為の糧になりますように。

Foorin(フーリン)

今回のプロジェクトのために行われたオーディションで選ばれた小学生ユニット。メンバーは、メインボーカルの、もえの(小5)とひゅうが(小6)。コーラス&ダンスの、たける(小6)、りりこ(小3)、ちせ(小2)による男女5人。ユニット名は、この曲を歌い、踊る、5人の姿を、米津氏が「風鈴」に例えて命名した。