「Lemon」ジャケット陶板が大塚国際美術館に展示

数々の記録を更新し続ける「Lemon」。
2018年3月リリース作品として、2018年の上半期ランキング、年間ランキングを席巻してきましたが、今年、2019年上半期ランキングにおいても1位を獲得し、アーティストランキングと合わせて計25冠を達成しました!

「Lemon」2019上半期ランキング25冠 受賞一覧

今回は「多くの方々からLemonを大切に育てて頂いた事への感謝の形」として、米津自身がイラストを描いたジャケットそのままに、特大サイズの「Lemon」陶板を製作。
7月30日(火)より、大塚国際美術館にて展示されることが決定しました。

陶板は、退色劣化しないため2000年先の未来までこのままの色と形を残すことができます。

米津玄師「Lemon」陶板展示
展示開始:2019年7月30日(火)〜 ※常設
展示場所:大塚国際美術館 システィーナ・ホール
サイズ:93cm×93cm

大塚国際美術館
西洋名画が1000点以上。ピカソ「ゲルニカ」、ゴッホ「ヒマワリ」、レオナルド・ダ・ヴィンチ「モナ・リザ」、フェルメール「真珠の耳飾りの少女」など、世界の名画を忠実に再現した陶板名画をお楽しみいただける美術館。

昨年の「NHK紅白歌合戦」に米津玄師が初出場させて頂いた際に、このシスティーナ・ホールより生中継で歌唱させて頂きました。

システィーナ・ホール3s