「Pale Blue Letter」ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS 5部門受賞

「Pale Blue」MVの公開日時を解禁するために行われた「Pale Blue Letter」が、国内最大のクリエイティブアワードである、2021 61st ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS内のブランデッド・コミュニケーション部門(Aカテゴリー:デジタル・エクスペリエンス)にてゴールドを受賞致しました。
本企画はメディアクリエイティブ部門にてシルバー、デザイン部門にてブロンズ、ブランデッド・コミュニケーション部門(Dカテゴリー:ソーシャル・インフルーエンス)にてブロンズ、ブランデッド・コミュニケーション部門(Bカテゴリー:プロモーション/アクティベーション)にてファイナリストに選出、計5部門での受賞となりました。
尚、昨年開催された同アワードにて、「感電」MV YouTube公開企画が、メディアクリエイティブ部門グランプリ・総務大臣賞をはじめ3部門で受賞しており、2年連続での快挙とりました。

今回受賞した「Pale Blue Letter」は、今年の6月4日17時、米津がInstagram、Twitterアカウントに、ペールブルー1色の画像と、#PaleBlueLetterの文字を投稿。投稿されたペールブルー1色の画像は、Instagramのカメラフィルターなどを使用して加工、コントラストを上げると、「Pale Blue フタフタゴーゴー MV公開」という文字が出現し、MVが22:55に公開することを伝えるデジタルギミックレターとなりました。同時にアップされたInstagramストーリーでは、同様のギミックでMVのティザー映像が展開され、受けとったユーザーは謎解きをスタート。内容を解き明かしたユーザーの出現により「フタフタ」「MV公開」がトレンド入りするなど、SNS上はペールブルー一色に染まり、大いに盛り上がりました。

また「Pale Blue Letter」は三部作になっており、第二弾はCDの法人特典に同封されたペールブルー1色の紙を水に浸すと、本人描き下ろしイラストの他、「ありがとう。」というメッセージが浮かび上がってくる”アナログギミックレター“。第三弾は、米津玄師のHPで体験できる“Pale Blue Letterカメラ”。ARカメラとなっており、青空にスマートフォンをかざすとカメラが反応し、青空に星が現れ、米津玄師の手書きメッセージとイラストが出現する仕組みとなっております。

Pale Blue特設ページ

PBL_media_web04(yusenn)

PBL_media_web01

PBL_media_web02

FIX_letter_all

優先_sora_all